マンションリフォーム費用

中古のマンションを購入してリフォーム・リノベーションする場合

リフォームの予算をどれだけ使うかを決める必要があります。

中古のマンションの購入費とリフォーム費用を合わせたものが
全体の予算というわけです。

リフォームする場合には正確にリフォーム業者に予算を伝える必要があります。

例えばリフォーム資金が500万円の予算の場合

家具や家電、備品の購入費を合わせない金額かを伝えます。

リフォーム資金が家具購入費を除くと400マ年だった場合
できなくなる改装も出てくる恐れがあるからです。

700万円の予算があるのに500万円と伝えた場合でも

500万円に見合った提案が出てくるということになるので
希望のリフォームにならない場合があります。

実は700万円予算を使うつもりがあるという場合は
正しく伝えた方がそれに見合った提案が出てきます。

中古マンション購入の場合でも同じように
金額に見合った物件の提案になります。

正しい情報伝達で2度手間を避けるのも
時間を上手に使うコツといえます。

マンション購入 注意点

マンション購入を衝動買いで行うと言うこともあるようですが
本来であれば計画的に購入するのがベストですね。

購入するに当たってはどれくらいのお金を持っていなければならないかと言うこと

自己資金0円で購入可能という話も聞きますが
実際は自己資金0円では購入できません。

マンションには管理費と言うものがあり
最初に管理費を数ヶ月支払う場合が多くなっています。

例えば20000円の管理費であれば
3ヶ月分の6万円と修繕費の積立金等もあります。

およそ25万だったとして管理費と修繕積み立て費で
31万円の資金が費用が必要になります。

さらに購入時の印紙代金やマンションの登記費用がかかります。

登記費用は25万くらい
火災保険のお金も必要になってきます。

ローンを利用する場合に銀行によっては
ローン保証料というのが必要になります。

ローン保証料が50万円だった場合
自己資金は140万円くらいはないとショートしてしまう計算ですね。

自己資金が少ない場合それだけローンの金利がかかりますから
実際には自己資金がある場合よりも

高い買い物になると言うのも理解しないといけません。

日本の家の間取りには和室がある

参考のプランは75㎡2LDKの間取りです。

日本の住宅には和室があります。
現在では和室のない家も多くなっていますが、
マンションでも大抵の場合1室は和室がある間取りが多くなっています。

急な来客や親や友人が宿泊するときの
ゲストルームにするためです。

現在ではお客さんを家に宿泊させる習慣もなくなっているので
主に書斎や茶の間、子供の遊び場として
リビングの隣に配置してつながりのある部屋になっています。

昔は和室だけで構成された家があったのですが、
フローリングの床の家のある生活スタイルに変わってきました。

日本の家の特徴は玄関で靴を脱ぐことです。
靴のまま家の中まで入る習慣はないですね。

板の床になってもこの習慣は変化していません。

和室の畳は衛生面から紙を加工して畳に見せた素材やビニールになっています。
内部はウレタンでつくられているものが主流です。

和室の壁は土や漆喰を練ったものが塗られていましたが
現在では土壁に見える壁紙が貼られています。
塗り壁の場合でも割れたりひびが入りにくい素材になっています。

天井は木目のある木や草を編んだ天井が主流です。
和紙を貼る場合もあります。
現在ではコストの低い木目のプリントされた壁紙が多く使用されます。

和紙調子の壁紙を貼ることも多くなりました。
リビングといっしょのクロスにすることも多いです。

扉は襖とか障子や引き戸になります。
窓側は障子と呼ばれる格子に紙を貼り付けた引き戸をカーテンのように使います。

現在ではメンテナンスの良い和紙に見える強化プラスチックが使われます。

本物の和紙を使う場合もあるのですが、
また、簡単に子供がいたずらで破られてしまいます。

和室には床の間と呼ばれる花や絵を飾るスペースがあります。
仏間と呼ばれる仏具を置くスペースを設ける場合もあります。

花や絵を置くのは会話のきっかけをつくるためで
来客によって、日によって交換されます。
現在ではその習慣や床の間もなくなっています。

和室には縁側と呼ばれる板の間のスペースが南に付属することがあります。
座って庭を眺めるスペースとしてつくられます。

マンションのメリットとデメリット

マンションが戸建てに勝っていることなんて
あるのかと思っていました。

戸建てと比較するとよい面も多々あるということ。

実際に戸建てに移り住んでから
マンションのほうが良かったなという家族もいて
それは単に貧乏性だからと言うことではない様子です。

掃除が楽とか管理が楽ということや
マンションは眺めが良いということ
庭がないので外の管理がない。
売却できる不動産として考えられる。

しかしながら、面積が狭い
共益費や管理費などのコストがかかると言うこともあります。

実際にマンションが分譲であれば
自分の好きにマンションリフォームできますし、

場所的に不便であれば、移り住むこともできますし

マンションを複数を所有して
都合に合わせて利用すると言うこともできます。

マンション間取り 4LDK 最上階

マンションを購入する際、
立地条件や環境などを皆さん気にされますが、
それと同様にマンションを購入するにあたって
いくつか注意する点があります。

管理費や修繕積立金はマンションを購入後も支払い続けなくてはいけません。

管理費は妥当な金額か、修繕計画はどうなっているか、
管理会社はどこが受け持っているのかなどしっかり見ておかないと
後でトラブルになることがあります。

また、マンションによっては修繕費を未納の部屋があって、
いざマンションを修繕しないといけない時に
予算が少ないなどの事例もあります。

見た目の感じや購入金額だけでなく、
後から支払うお金も頭に入れておいて下さい。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村