日本の家の間取りには和室がある

参考のプランは75㎡2LDKの間取りです。

日本の住宅には和室があります。
現在では和室のない家も多くなっていますが、
マンションでも大抵の場合1室は和室がある間取りが多くなっています。

急な来客や親や友人が宿泊するときの
ゲストルームにするためです。

現在ではお客さんを家に宿泊させる習慣もなくなっているので
主に書斎や茶の間、子供の遊び場として
リビングの隣に配置してつながりのある部屋になっています。

昔は和室だけで構成された家があったのですが、
フローリングの床の家のある生活スタイルに変わってきました。

日本の家の特徴は玄関で靴を脱ぐことです。
靴のまま家の中まで入る習慣はないですね。

板の床になってもこの習慣は変化していません。

和室の畳は衛生面から紙を加工して畳に見せた素材やビニールになっています。
内部はウレタンでつくられているものが主流です。

和室の壁は土や漆喰を練ったものが塗られていましたが
現在では土壁に見える壁紙が貼られています。
塗り壁の場合でも割れたりひびが入りにくい素材になっています。

天井は木目のある木や草を編んだ天井が主流です。
和紙を貼る場合もあります。
現在ではコストの低い木目のプリントされた壁紙が多く使用されます。

和紙調子の壁紙を貼ることも多くなりました。
リビングといっしょのクロスにすることも多いです。

扉は襖とか障子や引き戸になります。
窓側は障子と呼ばれる格子に紙を貼り付けた引き戸をカーテンのように使います。

現在ではメンテナンスの良い和紙に見える強化プラスチックが使われます。

本物の和紙を使う場合もあるのですが、
また、簡単に子供がいたずらで破られてしまいます。

和室には床の間と呼ばれる花や絵を飾るスペースがあります。
仏間と呼ばれる仏具を置くスペースを設ける場合もあります。

花や絵を置くのは会話のきっかけをつくるためで
来客によって、日によって交換されます。
現在ではその習慣や床の間もなくなっています。

和室には縁側と呼ばれる板の間のスペースが南に付属することがあります。
座って庭を眺めるスペースとしてつくられます。

マンションのメリットとデメリット

マンションが戸建てに勝っていることなんて
あるのかと思っていました。

戸建てと比較するとよい面も多々あるということ。

実際に戸建てに移り住んでから
マンションのほうが良かったなという家族もいて
それは単に貧乏性だからと言うことではない様子です。

掃除が楽とか管理が楽ということや
マンションは眺めが良いということ
庭がないので外の管理がない。
売却できる不動産として考えられる。

しかしながら、面積が狭い
共益費や管理費などのコストがかかると言うこともあります。

実際にマンションが分譲であれば
自分の好きにマンションリフォームできますし、

場所的に不便であれば、移り住むこともできますし

マンションを複数を所有して
都合に合わせて利用すると言うこともできます。

マンション間取り 4LDK 最上階

マンションを購入する際、
立地条件や環境などを皆さん気にされますが、
それと同様にマンションを購入するにあたって
いくつか注意する点があります。

管理費や修繕積立金はマンションを購入後も支払い続けなくてはいけません。

管理費は妥当な金額か、修繕計画はどうなっているか、
管理会社はどこが受け持っているのかなどしっかり見ておかないと
後でトラブルになることがあります。

また、マンションによっては修繕費を未納の部屋があって、
いざマンションを修繕しないといけない時に
予算が少ないなどの事例もあります。

見た目の感じや購入金額だけでなく、
後から支払うお金も頭に入れておいて下さい。

マンション 間取り 理想

マンションの間取り3LDK

我が家は転勤族というほどではありませんが、
転勤がないとも限らないので、
駅から近いマンションを購入しました。

転勤になったら賃貸にも出せるだろうし、
売却もしやすいだろうと考えたからです。

今のところ転勤になる予定もなく
ずっと住み続けることができていますが、
何があるかわからないですからね。

売却の際にも価格をあまり下げずに済むのも
駅から近いマンションの利点ではないでしょうか。

デメリットは、なんでも近くにあり過ぎて、
運動不足になってしまうことです。
スポーツクラブも近くにありますが、なかなか。

マンション 間取り図

家を購入するときに、マンションか戸建てか、悩みますよね。

後々の資産価値を考えると、
土地代だけは確保できる戸建と迷いましたが、
うちはマンションを購入することにしました。

戸建てだと、庭の手入れから、家の中の設備、外壁修理、
すべて自分で手配しないといけませんが、
マンションは維持費管理費を払い続けるかわり、
適切な時期に適切な処理がされ、
おまかせですませられます。

セキュリティもしっかりしています。
トータルのコストはマンションも戸建ても変わらないですから、
自分のライフスタイルに合わせて買うのがいいと思います。

マンション 間取り図 2LDK

参考のマンションの間取りは2LDKのリビングの広いタイプ
リビングと洋室が引き戸で解放されるのでさらに広くできます。

引っ越しを考えた時に、
戸建てにしようかマンションにしようかと考えると思います。

今まさにその状態です。現在は一軒家なんですが、
町内の役員とかが大変で、
マンションだとそういう煩わしさはないのかなと思うのです。

ただ、ローンを組んだ場合に、
そのほかに毎月の修繕費や管理費とかもあるんですよね。

なんかそれってもったいないような気がしないでもない。

だけど、やはり外壁などのリフォームするときに
自分が動かなくても良いんですよね。

そういうのが魅力なんですよ。

ベランダの広いマンションの間取り

彼氏と籍を入れた際に新居の話になり、
マンション購入に至りました。

希望条件としては、職場に30分以内くらいで通えるエリアが良いとの旦那の希望。

私の仕事が不規則な為、洗濯物がいつでも干せるようにサンルーム付き希望。

サンルームはなかなか見つかりませんでしたが
南に大きなバルコニーのある間取りを見つけました。

あとは対面キッチンです。旦那の職場から近いエリアだと、
住んでいる地域の中でもかなり高級住宅地に絞られてしまいました。

お互い独身時代は実家住まいで貯金は2人合わせて1500万円くらいあったので
そちらを頭金と家具代などにあて、
4800万円くらいの物件に決めました。

家賃13~15万円くらいの賃貸に住むよりかはマンションにして良かったと思ってます。

マンション 間取り 風水

私はマンション購入の時に北西の玄関の間取りにしました。
北東の鬼門の玄関を嫌ったというのもあります。

自分の住む所について本当に人それぞれだと思いますが、
私は一軒家よりマンション、賃貸より購入の方を選びました。

書籍などで購入か賃貸かどちらが得かどうかは、
どちらとは言い切れず、
その人のライフスタイルや価値観で変わるということを目にする事があります。

私の場合、特に息子に継いでもらうとか、
その様な事は考えずに今この払っている家賃は
いつまで払い続けられるのであろうという漠然とした不安からでした。

支払えなくなったらいつでも
身分相応の家にでも引っ越しすればいいという少々安易な考えから、
ダラダラと便利さと快適さで資金が消えてしまうのに、
疑問も抱いたのでした。

そして新築ではないけれど歳をとった時などの
安全性を第一に考えた物件を見付けて購入しました。

最近の中古マンションは、
リフォーム済みも多いので購入後も気持ち良く住むことができ、
価格も考慮しやすいかと思います。

購入して良かったと思いました。

マンション 間取り 3ldk

70代の両親は老後はマンションがいいとマンションを購入し、
5年近くになります。

マンション購入の決め手は3LDKの間取り

戸建に比べて暖かく、
玄関の鍵一つで出かけられ防犯にも優れていて快適なようです。

私達もマンションに魅力を感じ購入しましたが、
経済的に余裕がなく、管理費と修繕積立金がとても負担に感じてきました。

住み心地は良くてもこれからずっと払い続けることを考えると
戸建に住み替えをしたくなってきました。

両親は維持費を負担に感じていないようでその経済力を羨ましく思います。

私達もいつか維持費が負担にならないくらいの
ゆとりができたらいいなと思います。

マンション 間取り 4ldk

マンションを購入する時には、周辺環境をよく調べることが大切です。
例えば駅から近いことはとても大切な条件です。

駅から近いと、職場や学校にも行きやすいですし、
駅周辺にはお店もたくさんあることが多いのでとても便利です。

将来売るかもしれないことを考えると、
駅から近いか遠いかで大きく値段が変わってきます。

ただ、駅から近いと人が多いため、
渋滞したり治安が悪かったりすることもあります。

そのため、購入する前には、朝や昼や夜と時間を分けて、
周辺環境を調べた方がいいです。

もしかしたら渋滞がひどい時間帯があるかもしれません。
夜は不審者などが出ないかどうかも確認しておくと安心です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ